てんかんは脳の病気です。しかし、いまだに理解されておらず、偏見を持っている方もいる為、この病気を隠して生活している方も多いのが現状です。そのてんかんについて、いま一度考え直し、さらに理解を深めてもらう為に当サイトを立ち上げました。

てんかん発作で具合が悪くなった人たち

てんかんとMRI:旦那さんについて

多くのご家庭では、旦那さんが収入源となり、奥さんがそのフォローをする形で、例えば専業主婦になり子育てを行うパターンか、または共働きを行うご家庭などがありますが、多くは旦那さんの方が、一家の大黒柱として、家の経済状況を支えているケースが多い、とされています。

そのため、ある日突然、旦那さんが急に意識不明になり、会社から救急車などで搬送された、と聞けば妻である方やお子様も、とても心配すると同時に、これから家庭はどうなってしまうのか、また旦那さんは大丈夫であるのか、という強い不安感を感じるものです。

この、急に意識がなくなった、というケースではてんかんにより、救急車で搬送された、というケースが珍しくありません。
または、車の運転中に、急に意識がなくなってしまい、電柱柱などに車をぶつけてしまい、それを見た方が、通報して、助けてもらった、などのこともあります。

てんかんについては、MRIの検査によって、てんかんであるかどうか、の所見が行われます。
主に、画像による検査で脳などに異常がないか、または周波などを使って、てんかんであるかどうかを調べるケースもあるとされています。

てんかんの患者さんの場合には、このように、脳に異常があるケースなどもあることから、このようにMRIの検査で、てんかんであるかどうか、それとも違う病気であるのか、を検査していく形になります。

仮にてんかんであることが分かった場合には、今後、仕事などを続ける上でも、薬などを継続的に飲むことで、今まで通りの仕事を行える場合などが多いですが、旦那さんが勤務されている仕事によっては、勤務が不可能となってしまうケースもあります。

そのような場合には、休職が可能な職場では、疾病手当金などが、休職期間中に支払われることがあります。